熟年離婚

結婚後20年以上経た夫婦が離婚する熟年離婚も件数は増加しています。女性の社会進出、テレビドラマや年金分割制度、家族観の変化などが背景にあります。熟年離婚にあたっては、離婚後に安心して暮らせるかどうかが重要です。そのためには、「離婚までの周到な準備」「退職金や不動産など財産分与の確保」「年金分割など法制度の活用」が必要となり、中には複雑な手続きを要するものもあります。

ここでは熟年離婚について説明いたします。ご不明な点などございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

熟年離婚と年金

平成19年4月、平成20年4月に段階的に年金分割制度が改正されました。50代・60代の離婚はこの30年で6倍に増えましたが、さらに熟年離婚がしやすい制度整備が進んでいます。

熟年離婚をする方々は、年齢を理由として再就職や収入増加は困難となるケースは非常に多く、年金を安定的な収入として確保できるかがとても重要になります。

年金分割のポイントは、①結婚後の年金支払い期間、②平成20年4月以降の結婚期間、です。

平成20年4月以前の納付年金のうち、厚生年金・共済年金の報酬比例部分は分割の対象となります。夫名義で収めた年金の最大2分の1を妻が受給できます。

この分配割合の決定にはお互いの合意、合意が困難な場合は家庭裁判所での調停等が必要となります。

専業主婦のような3号被保険者については、平成20年4月以降に納付した年金に関して、夫の厚生年金の保険納付実績を自動的に2分の1に分割が可能です。

熟年離婚と財産分与

年金分割に加えて、離婚の際の「財産分与」が重要となります。

働きに出ることで収入を得たり増やすことが難しい熟年世代の離婚では、財産分与の見込みが離婚することによる経済状態の見込みを左右すると言えます。

まずは、夫婦の共有財産として、自宅不動産、預貯金、株式などの有価証券、保険、車、高価品、退職金を正確に把握し、財産分与割合を分析しましょう。

財産によっては調査や割合の計算が必要なものもあります。また、財産をどのように分けるのがふさわしいか、財産分与に関してご不明・ご不安な点があれば、まずはご相談ください。

熟年離婚のメリット・デメリット

結婚後に蓄積した配偶者への不満が、「子供の独立」「夫の退職」といった熟年期の人生イベントをきっかけに離婚に至る方が多いようです。 感情的に離婚を進めるのではなく、離婚自体のメリット・デメリットを把握する必要があります。

熟年離婚のメリット

夫にまつわる以下の悩みからの解放
夫の暴力や浮気、モラハラ
冷め切った夫婦関係
金銭問題
介護問題
姑や舅など夫の親族との縁切り
新しい生活のスタート
夫の反対でできなかった趣味や生活(旅行、仕事やボランティア、引越し)が可能
新しい恋愛
姓を変更することができる

熟年離婚のデメリット

世間体の悪化(地域差や個人差あり)
経済的には不安定になる
衣食住の水準の低下
自身の健康や介護問題が生じた場合に夫のサポートが得られない
特に、経済的なデメリットが深刻となります。
そのため、離婚の際に多くの財産分与を得られるかが特に重要となります。

熟年離婚のポイント

特に注意しなければならないのは、離婚後の生活と生活基盤の確保です。

特に女性は再就職や収入増加が困難になるケースが多く、生活できるだけの安定的な収入が得られるか、じっくりと考える必要があります。

離婚後の収入状態の変化

まずは現在の生活と離婚後の生活について、収入と生活費をしっかりと書き出してみましょう。そして、どの程度の生活水準まで譲歩できるか、考えてみましょう。

熟年離婚においては、多くの離婚給付を受けられるかが離婚後の生活を左右します。

年金分割、財産分与のための資料収集、財産保全など、予め十分な準備が必要でしょう。

また、現実的に「年金分割」、「財産分与」を利用しても一人暮らしが難しい場合は、実家へ戻る、成人した子どもと暮らす、友人と同居する、なども考慮に入れる必要があります。

お問い合わせはこちら

初回相談料 1,000円 まずはお気軽にご相談ください!受付時間:平日・土曜 10:00~18:00