“夫婦関係の円満な解消”と“人生のリスタート”のために、適切な解決を。

私たちが地域で支持される3つの理由

男性のための離婚相談

ご相談の流れ

1.ご予約

法律相談律は完全予約制となっています。
お住まいの近くの事務所に直接お電話ください(平日・土曜10:00~18:00)また、メールでも相談の申し込みをお受けしています(24時間受付) 初回相談は無料となっております。

2.ご相談

弁護士がお話をお伺いします。離婚手続きでの悩みや困りごとなど、なんでも弁護士にご質問ください。
ご事情に応じて、離婚手続きの流れやかかる時間、親権の見通し、養育費、慰謝料、財産分与の金額見込みなどをご説明し、ご相談者にとって、最良の解決方法を提案いたします。
小さいお子様連れの方には、絵本やオモチャなども用意しています。
安心して当事務所までお越しくださいませ。

3.ご契約

弁護士の説明や今後の見通しについてご納得いただいた場合、ご契約となります。
わからない点や不安な点は、弁護士がご納得いただけるまで丁寧に説明いたします。

4.必要種類のご準備

弁護士が状況を把握し、交渉書面を作成するために、元となる資料や証拠が必要です。
必要な書類・証拠は事案に応じて異なりますので、その都度ご案内します。

5.離婚手続きの開始

弁護士による交渉、調停の申立て、訴訟提起を行います。必要に応じ、打合わせを行いながら手続きを進めていきます。
最後までまとまらなければ、裁判所の判決によって終了いたします。
また、相手が慰謝料や養育費などを支払わない場合は、給料を差し押さえる等の強制執行手続きが可能です。

6.離婚手続きの終了

親権や子供との面会、慰謝料財産分与などの条件に協議や調停で合意に至った場合、裁判の終結などで、離婚手続きが終了します。
離婚後の生活の不安な点などありましたら、アドバイスいたします。
また、離婚後の養育費請求などのアフターフォローもいたします。

初回相談料 1,000円 まずはお気軽にご相談ください!受付時間:平日・土曜 10:00~18:00

弁護士費用

離婚手続
弁護士費用
離婚を求める場合

協議・調停(話し合い、調停において、弁護士が代理人となります)

着手金
25万円(預託金30万円)
日当
調停4回目まで:着手金に含む
調停5回目以降:1回3万円
受任期間
協議・調停終了まで
活動の範囲
協議・調停代理人活動全般
婚費・養育費の請求、財産分与、親権者指定、年金分割、慰謝料の請求

訴訟(離婚裁判において、弁護士が代理人となります)

着手金
【協議調停から移行時】
追加着手金20万円(追加預託金25万円)
【訴訟から依頼】
着手金40万円(預託金45万円)
日当
訴訟4回目まで:着手金に含む
訴訟5回目以降:1回2万円
受任期間
訴訟終了まで
活動範囲
訴訟代理人活動全般
婚費・養育費の請求、財産分与、親権者指定、年金分割、慰謝料の請求

成功報酬(業務終了時の報酬)

離婚
争いがある:20万円
争いがない:10万円
親権者指定
争いがある:20万円
争いがない:10万円
婚費・養育費
【請求する場合】
未払い分:獲得金額の10%
将来分:2か月分
【支払う場合】
10万円+<相手方当初請求額からの減額分(月あたり)×12か月×10%>
その他金銭請求
財産分与・慰謝料
請求する場合:獲得金額の10%
支払う場合当:初請求額から減額分の10%

追加活動

面会交流
着手金
離婚手続依頼に追加:10万円
面会交流調停のみ依頼:20万円
成功報酬
なし
活動の範囲
面会交流協議調停の代理人活動
お子様の取り戻し
着手金
離婚手続依頼に追加:15万円
お子様の取り戻しのみ:30万円
日当
裁判4回目まで:着手金に含む
裁判5回目以降:1回3万円
強制執行
4万円
成功報酬
40万円
活動範囲
お子様の取り戻しに関する代理活動
サポートプラン
(2回目以降の継続相談はこちらのプランが適用になります)
着手金
5万円
日当
---
受任期間
3カ月
活動の範囲
離婚に関する相談(1カ月に2回、合計3時間まで)

※費用は全て税抜き表記です。活動終了時に規定されている消費税が、別途加算されます。

離婚手続
弁護士費用
離婚を求められた場合

協議・調停(話し合い、調停において、弁護士が代理人となります)

着手金
25万円(預託金30万円)
日当
調停4回目まで:着手金に含む
調停5回目以降:1回につき3万円
受任期間
【応じる、検討中】
協議・調停終了まで
【拒否】
協議継続は受任後半年まで
活動の範囲
【応じる、検討中】
協議・調停代理人活動全般
婚費・養育費の請求、財産分与、親権者指定、年金分割、慰謝料の請求
【拒否】
協議・調停代理人活動全般(離婚拒否対応)
※婚費・養育費のみ請求する場合含む

訴訟(離婚裁判において、弁護士が代理人となります)

着手金
【協議調停から移行時】
追加着手金20万円(追加預託金25万円)
【訴訟から依頼】
着手金40万円(預託金45万円)
日当
訴訟4回目まで:着手金に含む
訴訟5回目以降:1回につき2万円
受任期間
訴訟終了まで
活動範囲
訴訟代理人活動全般
婚費・養育費の請求、財産分与、親権者指定、年金分割、慰謝料の請求

成功報酬(依頼内容が成立した場合の報酬)

離婚
【応じる、検討中】
なし
【拒否】
1.相手方が離婚を断念(協議・調停):なし
2.相手方が離婚を断念(訴訟取下げ・棄却・和解):20万円
親権者指定
【応じる、検討中】
1.争いがある:20万円
2.争いがない:10万円
【離婚拒否】
なし
婚費・養育費
【請求する場合】
未払い分:獲得金額の10%
将来分:2か月分
【支払う場合】
10万円+<当初請求額からの減額分(月あたり)×12か月×10%>
その他金銭請求
財産分与・慰謝料
請求する場合:獲得金額の10%
支払う場合:当初請求額から減額分の10%

追加活動

面会交流
着手金
離婚手続依頼に追加:10万円
面会交流調停のみ依頼:20万円
成功報酬
なし
活動の範囲
面会交流協議調停の代理人活動
お子様の取り戻し
着手金
離婚手続依頼に追加:15万円
お子様の取り戻しのみ:30万円
日当
裁判4回目まで:着手金に含む
裁判5回目以降:1回3万円
強制執行
4万円
成功報酬
40万円
活動範囲
お子様の取り戻しに関する代理活動
サポートプラン
(2回目以降の継続相談はこちらのプランが適用になります)
着手金
5万円
日当
---
受任期間
3カ月
活動の範囲
離婚に関する相談(1カ月に2回、合計3時間まで)

※費用は全て税抜き表記です。活動終了時に規定されている消費税が、別途加算されます。

解決事例

夫の不倫が原因で離婚交渉・調停。ご依頼者様と弁護士で二人三脚で離婚調停が成立

概要
私がご紹介するのは、夫から数回不倫されていて我慢して生活をしていたところ、夫が暴力をふるったことから、別居生活を始め、お子様のためを考えて離婚交渉・調停をご依頼頂いた女性のご依頼者様の事例です。
当事務所の取り組み
本件では、主に親権と慰謝料が争いとなりました。
まず、親権については、当初、夫婦ともに親権を譲りませんでしたが、ご依頼者様はお子様のご意思を尊重し、どのような解決がお子様の幸せにつながるかを考え、ご依頼者様が親権者となり、夫との面会交流を積極的に認める形で解決しました。
次に、慰謝料については、早期の離婚成立のために、夫に多額の借金があることを考慮し、ご依頼者様が譲歩する形で解決しました。
結果
現在、ご依頼者様は、お子様の成長を楽しみにしながら、安心して生活をされています。
本件では、ご依頼者様と弁護士で二人三脚で離婚調停を成立させることができました。

弁護士のご紹介

谷 靖介
(たに やすゆき)

事件を冷静に見通し、ベストな結果を追求する 弁護士

地域ナンバーワンのクォリティーの事務所を目指していきます。

依頼者の皆様へ一言
法律や裁判手続きだけにこだわらず、ベストな解決になるよう、力を尽くします。
略歴
平成11年 明治大学卒業
平成16年 弁護士登録
所属
千葉県弁護士会
得意分野
相続及び50人以下の中小企業法務全般
弁護士を目指した理由
社会生活上の様々なトラブルに関わり、解決の担い手となりたかったため。
自分の強み
事件の最終的な見通しや解決方法を分析すること。分かりやすい言葉での説明

宮崎 寛之
(みやざき ひろゆき)

コミュニケーションを大切にする弁護士

依頼者に寄り添い、地元の皆様から感謝されるような仕事をして参ります。

依頼者の皆様へ一言
依頼者の考えていることと、弁護士の考えている方向性を合わせていくためにも、ご希望を臆せずに伝えていただければと思います。成田の皆様から感謝していただくために弁護士になりました。
略歴
平成13年 千葉県立佐原高等学校卒業
平成18年 中央大学法律学科卒業
平成20年 中央大学法科大学院修了
平成21年 弁護士登録 弁護士法人
リーガルプラス成田法律事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
債務整理、相続。
弁護士を目指した理由
地元で働いて、地元の方々に感謝されたかった。
自分の強み
地元出身で、地元特有の考え方が分かること。

宮沢 純一
(みやざわ じゅんいち)

温厚な努力の弁護士

依頼者の皆様のお悩みを1日でも早く解消できるよう、最善を尽くします。

依頼者の皆様へ一言
依頼者のみなさまに最良の解決を提供できるよう、日々研鑽を重ねて、真摯に取り組んでいく所存です。
お気軽にご相談にいらしてください。
略歴
平成14年 慶應義塾高等学校卒業
平成18年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
平成20年 慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)修了
平成21年 弁護士登録
弁護士法人リーガルプラスかしま法律事務所勤務及び東京都庁勤務を経て
平成27年 弁護士法人リーガルプラス市川法律事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
民事及び行政関係、交通事故
弁護士を目指した理由
法的側面から問題解決を図って、人々の役に立ちたかった。
自分の強み
コツコツと継続する力

谷口 彰
(やぐち あきら)

物静かながら熱いハートで事件に臨む弁護士

依頼者の悩みにともに立ち向かいます。

依頼者の皆様へ一言
紛争の解決に全力で取り組み、依頼者とともに喜びを分かち合いたいと思います。
略歴
平成20年 千葉大学法経学部法学科卒業
平成22年 東北大学法科大学院修了
平成23年 弁護士登録 弁護士法人リーガルプラスかしま法律事務所入所
所属
茨城県弁護士会
得意分野
国際離婚
弁護士を目指した理由
人の悩みを解決する仕事だったから。
自分の強み
楽天的であること、行動力があること。

齋藤 碧
(さいとう みどり)

温和な努力の弁護士

皆様の御心を明るくするお手伝いができる仕事をしていきたいと思います。

依頼者の皆様へ一言
依頼者の方の人生のサポートができるよう、自分の持てる力を尽くします。
略歴
平成15年 山形県立山形西高等学校卒業
平成19年 山形大学人文学部総合政策科学科卒業
平成22年 大阪大学大学院高等司法研究科卒業
平成24年 弁護士登録
平成25年 弁護士法人リーガルプラス
かしま法律事務所入所
所属
茨城県弁護士会
得意分野
債務整理、離婚、労働
弁護士を目指した理由
人を守れる仕事に就きたかった。
自分の強み
地道な努力ができるところ、打たれ強いところ。

牧 成明
(まき しげあき)

誠意を尽くす弁護士

あなた(依頼者)の為に誠実に、正直に事件に取り組みます。

依頼者の皆様へ一言
依頼者の方の痛みや辛さに共感し、同じ目線に立って、ともに問題解決に取り組ませて頂きたいと思っております。
略歴
平成20年 明治大学法学部法律学科卒業
平成23年 中央大学法科大学院修了
平成24年 司法修習
平成25年 弁護士登録 
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
家事事件、債務整理、その他一般民事
弁護士を目指した理由
人の悩みを解消することで、マイナスをプラスに変えるやりがいのある仕事だと思いました。
自分の強み
粘り強さ、じっくり丁寧に話をするところ。

小湊 敬祐
(こみなと けいすけ)

税務にも精通した弁護士

経営者の方々から頼りにされる弁護士を目指しています。

依頼者の皆様へ一言
町医者のように「身近な」弁護士として、すべてに卒なく対応できることは当然として、特に、税務にも詳しい弁護士を目指して研鑽を積んでいます。
略歴
平成20年 渋谷教育学園幕張高等学校 卒業
平成24年 中央大学法学部法律学科 卒業
平成26年 中央大学法科大学院法務研究科 修了
平成26年 司法試験合格
平成28年 司法修習修了(第69期)
平成29年 弁護士登録 当事務所入所
所属
茨城県弁護士会
得意分野
倒産・税務会計
弁護士を目指した理由
学問としての法律学が好きで、自分が学んだ知識を社会のために役立て、たくさんの人の助けになる仕事がしたいと思っています。
自分の強み
公正・公平(フェア)であること。色々な角度から物事を考えられること。

今井 浩統
(いまい ひろのり)

人の役に立てることに喜びを感じられる弁護士

「マチ弁」として個人の方々に寄り添える、身近な弁護士を目指しています。

依頼者の皆様へ一言
不安げにしておられたお客様が、最後には安堵にみちた「ほっ」とした表情になっていただけるよう、「個人対個人」としてお客様に対峙し、期待に応えられるよう力を尽くします。
略歴
平成20年 函館大学付属有斗高等学校卒業
平成25年 東北大学法学部修了
平成27年 早稲田大学法務研究科修了
平成27年 司法試験合格
平成28年 司法修習修了(第69期)
平成29年 弁護士登録 当事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
交通事故
弁護士を目指した理由
中学の頃に見た法律番組で法律を面白いと思うようになり、大学時代に市民の法律相談に触れるうちに、人の助けになりたいと真剣に考えるようになり弁護士を目指しました。
自分の強み
物事を分析的に観ること。

神津 竜平
(こうづ りゅうへい)

ご相談者にとって何が最も望ましいかを考え抜く弁護士

親身になり、いかなる解決が最も望ましいかを充分に考えていきたいと思っています。

依頼者の皆様へ一言
それぞれ個々の問題を抱えて不安な気持ちでご相談に来られるので、いかなる悩みや疑問にも親身にお話をお聞ききする弁護士で在りたいと思っています。
略歴
平成17年 千葉県立市川東高等学校卒業
平成23年 國學院大学法学部卒業
平成25年 明治大学法科大学院卒業
平成27年 司法試験合格
平成28年 司法修習終了(69期)
平成29年 弁護士登録 当事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
交通事故
弁護士を目指した理由
法律の知識を活かしつつ、常に人と関わることができる仕事をしたいと考えたから。
自分の強み
物怖じしない。

齋藤 怜奈
(さいとう れな)

女性の苦しみを理解し合える弁護士

相手の気持ちを優先して、親身に最善を尽くしたいと思っています。

依頼者の皆様へ一言
お怪我されている方や病気の方、精神的に不安定な方などは、親身に話を聞きたいですし、相手の気持ちを優先して最善を尽くしたいと思っています。
略歴
平成19年 私立江戸川女子高等学校卒業
平成23年 明治大学法学部卒業
平成26年 早稲田大学法科大学院卒業
平成27年 司法試験合格
平成28年 司法修習終了(69期)
平成29年 弁護士登録 当事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
交通事故
弁護士を目指した理由
高校生の頃、身近で起こった法律トラブルでお世話になった弁護士の先生が、とても親切にしてくれたから。
自分の強み
負けず嫌い。

三波 玲奈
(みなみ れな)

依頼者に寄り添う弁護士

“私に相談して良かった”と思っていただけるよう仕事をしていきたいと思います。

依頼者の皆様へ一言
人に関わることに強く興味があり、問題を我慢強く解きほぐしていくことで、依頼者の方の精神的な負担を軽く、「相談して良かった」と思ってもらえるように研鑽し続けたいと思います。
略歴
平成 8年 国際基督教大学高等学校 卒業
平成14年 首都大学東京法学部法律学科 卒業(次席)
平成16年 教育関連会社勤務
平成20年 東京大学 法科大学院 入学
平成23年 東京大学 法科大学院 卒業
平成27年 翻訳/通訳・人材派遣会社勤務 司法試験合格
平成28年 弁護士登録 当事務所入所
所属
千葉県弁護士会
得意分野
離婚、不貞、交通事故、労働
弁護士を目指した理由
私は「極めたくなる」性格で、何か勉強をするなら“一番難しいもの”をと考え、合格率の難しさから司法試験合格を目指しました。
自分の強み
無理をしない。

弁護士法人リーガルプラス
市川法律事務所

所在地
千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4階
TEL
047-712-5100
FAX
047-712-5101

弁護士法人リーガルプラス
津田沼法律事務所

所在地
千葉県船橋市前原西2丁目14番2号 津田沼駅前安田ビル10階1002号室
TEL
047-409-6371
FAX
0476-20-3032

弁護士法人リーガルプラス
千葉法律事務所

所在地
千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号 常盤ビル7階A
TEL
043-301-6761
FAX
043-301-6762

弁護士法人リーガルプラス
成田法律事務所

所在地
千葉県成田市花崎町800-6丸喜ビル5階
TEL
0476-20-3031
FAX
0476-20-3032

弁護士法人リーガルプラス
東京法律事務所

所在地
東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室
TEL
03-4455-9129
FAX
03-6265-1132

弁護士法人リーガルプラス
かしま法律事務所

所在地
茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1
TEL
0299-85-3350
FAX
0299-85-3351

初回相談料 無料 まずはお気軽にご相談ください!受付時間:平日・土曜 9:00~20:00